参政党DIYスクール

講師紹介

プロフィール

武田邦彦

武田邦彦(たけだ くにひこ)

1943年6月3日、東京都生まれ。1966年東京大学教養学部基礎科学科卒業。
旭化成工業などを経て、現在は中部大学にて教授を務めている。
これまで東京大学、京都大学、愛知大学などの非常勤講師、文部科学省中央教育審議会専門委員、
工学アカデミー理事、芝浦工業大学評議員、NEDO技術委員、日本工学教育協会常任理事などを歴任。
物理化学的手法を用いた原子力、材料、環境などの研究や倫理の研究も行っている 。
最近では、「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ)をはじめ、テレビ番組にも出演。
これまでの「環境問題の常識」に警鐘を鳴らす。

代表的な著作

『「地球温暖化」論で日本人が殺される!』(講談社)
『大麻ヒステリー~思考停止になる日本人~』 (光文社新書) 
『偽善エネルギー』 (幻冬舎)

受講生へのメッセージ

人類の歴史は錯覚が大きな作用をなしている。現代は科学が発達し、魔女裁判で普通の女性を火あぶりにするなどはなくなったが、現代人もマスメディアなどを通じて、多くの錯覚の中を生きている。本講義では、錯覚を科学的に解析し、全体像と具体例を明らかにする。

講座紹介

講座名 錯覚の科学
講座テーマと日程
  1. 錯覚の科学・・・8/15(土)午後
場所 東京(四谷)会議室
注意事項

講師一覧