参政党DIYスクール

講師紹介

プロフィール

鈴木崇弘

鈴木崇弘(すずき たかひろ)

東京大学法学部卒。マラヤ大学、イースト・ウエスト・センター奨学生として同センターおよびハワイ大学大学院(政治学・未来学専攻修士号取得)に留学。総合研究開発機構、日本国際フォーラム、笹川平和財団、日本財団勤務、設立に参画し東京財団研究事業部長、(社)アジアフォーラム・ジャパン上席研究員、大阪大学特任教授・フロンティア研究機構副機構長、自由民主党党改革実行本部シンクタンク準備室長、設立に参画し自民党系の政策研究機関「シンクタンク2005・日本」理事・事務局長。1991年-1993年アーバン・インスティテュート(米国)アジャンクト・フェロー。2006年-2016年中央大学大学院公共政策研究科客員教授。

代表的な著作

『日本に「民主主義」を起業する―自伝的シンクタンク論』(第一書林)
『シチズン・リテラシー―社会をよりよくするために私たちにできること』(教育出版 共著)
『僕らの社会のつくり方―10代から見る憲法』(遊行社 共著)

受講生へのメッセージ

日本は、社会成熟度、社会構造が大きく変わり、時代に合った新しい政システム・新しい社会の仕組みが求められています。その中で、国民や市民がより重要な役割を果たすことが重要です。政策立案の仕組みや在り方、その担い手にも抜本的な変革が必要です。今回の講義では政党シンクタンクの現場第一線に立ち、多くの政策の現場を専門家として支えてきた知見を皆に共有して頂く機会を提供します。若い世代に活躍してほしいという思いを込めた内容となります。

講座紹介

講座名 今求められる政治・政策
講座テーマと日程
  1. 今求められる政治・政策・・・12/20(日)午前
場所 東京(四谷)会議室
注意事項

講師一覧