参政党DIYスクール

講師紹介

プロフィール

笠井成樹

笠井成樹(かさい しげき)

ハーバード大学マーシャル・ガンツ博士のメソッド「コミュニティ・オーガナイジング」の専門家。
慶應義塾大学SFC研究所 所員(2014 - 2018)。
NPO法人ソーシャルプロデューサーズ代表。


コミュニティ・オーガナイジングとは
国民一人ひとりが立ち上がり、それぞれが持っている力を結集して、コミュニティの力で社会の仕組みを変えていくのが、コミュニティ・オーガナイジング。この方法により、2008年の米国大統領選挙でバラク・オバマの選挙参謀として初の黒人大統領を誕生させたことで有名。本コースでは、コミュニティ・オーガナイジングの方法を講義で学びながら、直後にワークショップ形式で能動的にアウトプットをしていく授業形式になります。

受講生へのメッセージ

コミュニティ・オーガナイジングは、国民・市民の力で自分たちの社会を変えていくための方法で、大きく5つのリーダーシップの要素から構成されています。
1.ストーリーテリング、2.関係構築、3.チーム構築、4.戦略立案、5.アクション。
物語を語り立ち向かう勇気をえて、人々と関係を作り、人々の資源をパワーに変える戦略をもってアクションをして、社会に変化を起こします。

講座紹介

講座名 コミュニティ・オーガナイジング
講座テーマと日程
  1. コミュニティオーガナイジングとは・・・7/23(木)午後
  2. リーダーシップの実践としてのコーチング・・・8/16(日)午後
  3. 関係構築・・・9/19(土)午前
  4. リーダーシップチームの構築・・・9/19(土)午後
  5. ストーリー・オブ・アス・・・9/19(土)午後
  6. 戦略的ゴール・・・10/17(土)午前
  7. キャンペーン・・・10/17(土)午後
  8. アクション・・・11/21(土)午後
  9. ストーリー・オブ・ナウ・・・12/19(土)午後
場所 東京(四谷)会議室
注意事項

講師一覧